school

究極の勉強法

英会話を話せるようになる究極の勉強方法がある。これはかこに数人が実践して、全員が喋れるようになった実践方法だ。しかし、その方法はかなりハードであり、実践するにはかなり難しい。

その勉強方法とは、パスポートと当面の生活費を持って学びたい言語の国で生活をすること。だ。もちろん英会話の本も持って行かないで、ただあっちで数年間ほど生活をすればよい。そうすればいやでも英会話は出来るようになるらしい。
人間必要になれば生きていこうという本能が働き、なんとかマスターしようと集中力が着き、耳がよくなり、言葉をよ聞くようになるらしい。そうすることでここはこう言えばよい、あれはそういえばよい。というのを次第にマスターしていき、自然と英語が話せるようになるらしい。
筆者の母の友人がその方法でマスターしており、その学び方も実話をもとに書いたノンフィクションルポルタージュ「深夜特急」でそうやって外国語を覚えた人に習って勉強をしたというのだから驚きだ。
しかし、だからといってこの方法を推奨するかどうかと言ったら別問題だ。やるには一年間旅に出なきゃならないからだ。なのでまずは英会話の勉強として、英語になれることから始めることを推奨する。

まず、英語も日本語も通じるような国へ行く。グアムやハワイといった日本人観光客がよくいる国がおすすめだ。そこでまず、料理を食べたり服を買ったり買い物をしたりとなるべく日本語を話さないで生活をする。3泊4日ていどで一人旅でも結構会話をする機会は多く、最後には結構会話に慣れているものだ。

このように、英会話が苦手な理由に緊張をするというものがある。そうならないようにも積極的に外人と会話をして慣れていく必要がある。

calendar
2017年7月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
what’s new
archive
category